第17回春鹿酒蔵まつり共催 Shoin長月ライヴのお知らせ

第17回春鹿酒蔵まつり共催 Shoin長月ライヴ

『うつぐみ音』~三線 唄 笛の響宴~

沖縄県 八重山諸島に浮かぶ竹富島に〈うつぐみの心〉という言葉があります。“うつぐみ”とは“みんなで協力する心 共同の”という意味で、竹富に生きる島人の精神が集約されている島言葉です。先人達から受け継いだ島の生活を維持していくための〈協力する心・楽しく過ごすための心〉を、うた・三線・笛で奏でます。

2018.9.16(日)

 出演: 伊藤幸二・又吉 奈緒子

第1部11:00~12:00(開場10:15)  第2部14:00~15:00(開場13:15)

   入替2ステージ・自由席・¥2000(ウエルカムドリンク付)

事前お申込み((0742-23-2256月休10:00~16:00・shoin@harushika.com)

 

お席に限りがございます。入場料は当日受付にて頂戴いたします。文化財保護のため、書院会場での飲食はお断りしております。ご了承ください。

Music concert in Imanishi Shoin Traditional House 
Okinawan traditional three-stringed instrument and flute
September 16,2018  2 performances  ①11:00~12:00 ②14:00~15:00(Doors open 45mins prior)
Admission fee  ¥2,000 at entrance

 

<伊藤 幸二>

大阪府出身。沖縄の三線の音色に惹かれて民謡を始める。沖縄県無形文化財保持者である大工哲弘に師事。琉球民謡音楽協会の三線コンクールにて新人賞・優秀賞を経て最高賞部門合格。23年琉球民謡音楽協会の教師免許取得。その後大工哲弘氏の<八重山うた大哲会>の教師免許も取得。現在大阪、奈良を拠点に後進の指導をしながら自身の演奏活動も積極的に行っている。

 

<又吉 奈緒子>

奈良県出身。祖父母が沖縄出身である箏から沖縄民謡に惹かれ三線を学ぶ。伊藤幸二、大工哲弘に師事。琉球民謡音楽協会コンクールで三線、笛共に最高賞まで合格。奈良県高円高校音楽科、大阪音楽大学音楽部器楽学科ピアノ専攻卒業。現在、伊藤幸二とともに演奏活動を従事している。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中