今西家書院より ~庭の手入れ~

寒肥

12月から2月にかけて、一番寒い時期に忘れてはならない庭仕事です。

休眠中の植物は、春に目覚めます。肥料が土中でゆっくりと分解され効き始める頃と、ちょうど根が活動を始めるタイミングと合うように、冬に施肥を行います。

萌芽のため、一年の生長を左右する 大切な作業です。

今年の牡丹の開花が、楽しみです。4月半ばが見ごろでしょうか。

福寿草も掘りおこし、腐葉土たっぷりの空気を含ませた築山に戻してもらいました。

また苔を増やす作業もしました。長屋門を入り、あられ敷きの右手、蹲と梅の木周辺です。腐葉土と苔を混ぜ、全体に蒔いてもらいました。

このままうまく育ってくれて、春の終わりには、瑞々しい光景となりますように。。

お客様のお迎え準備中です。開館まで今しばらくお待ちください。

                         2021.2 今西家書院

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中